• フリーペーパーをどのように利用するか?

    新規開店など、まだまだ知名度がほとんどないお店。 「どのように多くの人に知ってもらうか?」 という課題があります。 例えば、美容室のような形ですと、 他の店でスタイリストとして働いていた時のお客様がついてきてくれる…という事例もありますが、 それでも、全てのお客様が来て頂けるというわけではありません。 多くの人に知ってもらう方法、それは「広告」です。 使える広告は、全て出しましょう! となれば良いのですが、実際には資金に限りもあり、なかなかそのような形に出来ないのが現実です。 しかしながら、広告を出さない事には集客も図れず、お客様が来ない…売上が上がらないとなります。 「限りある資金を使い、より効果的に広告を出す」必要が出てきます。 フリーペーパーに出すのも金額次第になりますが、まず知ってもらうという事が大前提ですので、最初の時点では、1回は出した方が良いかと思います。 ただし、ここでの注意点は、そこに「依存しすぎない」という事がポイントになります。 弊社のお客様のフリーペーパーからの集客の数値は、6ヶ月までは順調でしたが、そこから数値が下がり1ヶ月に1人〜2人くれば良い方となってしまいました。 それは何故か?という事になりますが… たしかに集客が図れますが、いつも掲載されている店舗に対して、見る側の「飽き」がきます。 つまり、最初に掲載する時点で、「いつまで」掲載するという事を決めておく必要が出てきます。 フリーペーパーは広告として、非常に有効な手段です。 しかしながら、掲載するには期間の見極めも必要になってくるかと思います。 そのためにも「どのように集客できたか」を数値で常に確認しておき、集客できなくなった時は、その原因を探るという事が大切です。

    Read More
  • 美容サロンのホームページで閲覧の多い箇所は?

    美容サロンのお客様のホームページにおいて、アクセス解析を行い、どのように改善していけば良いかという提案をさせて頂いております。 その中で、ホームページに訪問される方が、多く見るページがあります。それはどこか? つまり、そこがご新規になり得る方(見込み客)が気になっているポイントかと思います。 【第1位】トップページ ここが一番良く見られるのは言うまでもないかと思います。トップページは、どのような雰囲気のお店なのかという、いわゆる「お店の顔」みたいなものです。 逆に言えば、ここがしっかりしていないと、見込み客を逃す事になります。 【第2位】メニュー 初めて入るお客様にとって、どのくらいの料金なのか、カット・カラー・パーマだけでなく、どのようなサービスがあるかなど気になります。 【第3位】スタッフ 料金やサービスなどのメニューページに次いで多いのは、スタッフ紹介のページです。 どのようなスタイリストがいるのか等、初めて入ろうかと迷っているお客様にとっては、非常に重要な事です。 アクセスの多いページ1〜3位まで挙げてみました。 新規で入ろうとするお客様は、やはり「不安」がつきもので、いろいろと調べます。 「料金はいくらだろうか?」 「どんなサービスがあるだろうか?」 「どんなスタイリストがいるのだろうか?」 その不安を、ホームページで取り除く事が大切になります。 ただ単純に「カッコイイ」デザインだけのホームページではなく、初めて見る人にとって「わかりやすい・明確」という事をコンセプトにして制作すると、予約につながるようなホームページになっていきます。

    Read More
  • SNSからの集客

    SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)からの集客の話です。 そもそも、SNSとは何か?という所からの説明になりますが、「facebook」や「Twitter」「Gree」「mixi」など、インターネット上で社会的なつながり(ネットワーク)を作っていくサービスです。 集客に関して、一体どのSNSが有効かという事になりますが、それぞれどういう集客をするかで異なります。また、地域によって特性がありますので、一概に効果があるとは限りません。 例としては… ■新規顧客 この有効手段は「Twitter」 Twitterとは、140文字以内で文章を投稿するサービスです。 ■既存顧客 既存のお客様(リピーター)には「facebook」 実名登録が基本であるサービスでfacebookページと呼ばれる企業・店舗専用ページが作成可能です。 ざっくりした例ですので、例えばtwitter利用人口が少なかったりする地域には全く効果がなかったりします。 ホームページ制作+このようなSNSを利用する事で、ホームページの効果を倍増させる事が出来るようになります。

    Read More
  • あなたの求めるものは何ですか?

    タイトルだと何だか怪しい感じですが、ホームページの話です。 デザイナーが制作した洗練されたデザイン、カッコイイデザインのホームページ。 動きがあって見た目が凄いと感じるホームページ。 それは本当に必要なものなのでしょうか? ホームページを作る上で、まず最初に考えなければならない事があります。 『何のためにホームページが必要なのか?』 という事です。 分かりやすい例で言うと、店舗を出されている多くの方が必要なものは「集客」。そのために、ホームページを制作し、お店の雰囲気や、どんなスタッフがいるか、どんなメニューがあるかなどを紹介していきます。さらには、クーポン等も掲載していくと効果的です。 それでは、企業の場合はどうでしょうか? 会社案内として… 行政の仕事を請けるのに必須なので… 企業としての信頼度を、さらに上げるために… 理由は様々です。 そこがホームページを作るにあたってのコンセプトになるかと思います。 逆に言えば、そこが決まらない事には作っても自己満足に終わる可能性が高いです。 弊社がお客様と打ち合わせをする際、この『何のために』を重要視して制作しております。 店舗を出されている所でも、集客ではなく別の形でホームページが必要という事も、たまにあります。 ホームページは見る人がいて初めて成り立つものですので、まずは、この「何のために」が大切になってきます。

    Read More
  • YahooやGoogleの検索結果で上位表示させるには?

    ホームページを作成しても、訪問者がいないと全く意味のないものになります。 そこで重要となってくるのが、YahooやGoogleなどで検索した際に、作ったホームページが、いかに検索結果に表示されるかとなります。 ただし、検索結果に表示されると言っても、20ページ目に表示されているとなると全くと言っていいほど、ホームページに訪問される事はありません。 それはなぜか? YahooやGoogle等で検索した際、多くの人が3ページ目〜5ページ目までしか見ないという結果があります。 つまり、20ページ目に表示されていたとしても、それは検索結果に表示されていないと同じくらい意味のないものになります。 そこでSEO対策と呼ばれるものを作ったホームページに対して行っていきます。この対策とは何かといういうと… YahooやGoogle等で検索した場合、ホームページを人が訪問してもらえるように、検索結果の上位ページに表示させる対策です。 この対策は、常に進化していき、今効果的だったものが、半年後には効果が全くないどころか、逆に順位が下がったりします。 基本的なところで、内部プログラム(HTML)を検索結果上位にきやすいように変更するという事です。 たとえば、<title>や<meta>などに検索結果に表示して欲しいキーワードを入れる事や、ページ内に多くの文章を入れた中にキーワードを所々に挿入するという施策があります。 ただし、このキーワードも、単純に入れれば良いというものではなく、長すぎず簡潔に入れないと逆効果になります。 昔は被リンク数と言って、ご自分のホームページに、どれだけ他のホームページからリンクがあるかというものが重要でしたが、現在は、そこまで重要視されていません。 それどころか、下手にリンク数を増やすとペナルティーと言って、検索結果から消えてしまう可能性すらあります。 弊社においては、リンク数1しかないホームページでも、検索結果1位になったキーワードもあるくらいです。 大切なのは、常に順位の上げ下げを確認し、下がった場合、なぜ下がったのかという原因を調査し、改善していくというマメな努力が必要です。 ホームページから集客を図る際、そのような対策をしていく事が必要になります。

    Read More